展覧会の作品で感じたことー5月初め

2017.05.03 Wednesday 07:19
0

    最近の京橋画廊での展覧会で感じたことです。
    以前、ホテル ニューオオタニ大阪にある「ギャルリー ためなが 大阪」で印象に残っていたアメリカ・ニューヨークの作家で、鮮やかな色彩の画風で印象的でしたのが、トム・クリストファーでした。

    なぜこの作家を思い出したのか。
    見比べてほしいのです。強調されてる色合いに違いはあるが。
    実は、先ほど当画廊で展覧会を開催された「群星 水彩画グループ展」での代表者 徳永清志氏の作品のイメージ・雰囲気に共感、感動したからである。
    何がと言えば、絵に動きを感じたからである。
    どうだろう!水彩画の、この動きは。
    アマチュアグループの作品と言え、素晴らしく、印象的であった。
    実は、上記の作品は、すでに買い取られたものです。
    (買う人が居ることは、取引が成立したことで、プロの作品と言えるだろう)
    なぜ、このようなコメントを発するのか。
    ひとつのアート作品に限らず、今ブランドものと言われる物は、
    いずれも海外で評価されたものが、値打ちのある物として信用したからブランド物になり、日本人が評価したものではないのが残念なのだ。
    もっと我々が我々の眼で評価して、イイ物を掘り起こしていく「眼」を持ちたいものです。                  (良明)
    category:思い | by:kyobashigaro | - | - | -

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM