森 浩毅作品展<夢の中に君がいて>を終えて
 

浩毅作品展<夢の中に君がいて>を終えて

久しぶりに作家の個性を感じた作品に
  出会ったように思いました。

 

2002年に京橋画廊で初めての個展を開催した当時は、

本当に新鮮で、ユーモラスな表情のキャラクターたちは、

観る者を癒し、なぜかホッとさせてくれるものでした。

しかし、その後最近の数年の作品たちは、

キャンバスの中でじっとしたままの作品ばかりが
  幅を利かしてるような感じが
否めなかったのです。

今回、あらためて本来のキャラクターが
  戻ってきたように思いました。

それに今回は、朝日新聞に掲載されたとのこと。

これまでも各新聞に掲載された経緯はあるものの、

なぜか今回の反響は、目新しく感じました。

初めてのお客様が多数ご来廊くださったことが、
  何よりと思っております。

 

浩毅氏の作品がより多くのファンができ、

より多くの方々のお部屋の壁に掲げられ、

浩毅ワールドがさらに広まることを願っております。

 
   
京橋画廊では、
  森
浩毅氏の作品の個展を今後も応援していきますので、
 
ご期待ください。


 


(良明)





展覧会を見て | -



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea