あさのかつこ陶芸展


陶芸教室もされてるとのこと。

しかし、作品は、工夫を凝らし、また絵柄が繊細で、
案外女性好みなのかも知れません。
何が工夫をされてるのか。
それは、来て見て触れてみないと判りません。

「えっ?」「何これ?」「どうして?」
などの声が聞こえそうです。
なぜなら、作家のサブタイトルが、
「うれし、楽し、暮らしの器」なんですから。

是非、ご覧ください。

なお、年末には、陶芸教室の生徒の方々の
展覧会が予定されています。


                          
(良明)


展覧会を見て | -



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea