卒業式の時節

2012.03.20 Tuesday 17:09
0
     

    三月の中旬ともなれば、卒業式の時節だ。


     先日縁があって、地域の中学校と小学校の卒業式に出席する機会があり、それぞれが私の母校でもあるわけだが、久しぶりの母校でのセレモニーで感じたことです。

     私は個人的には入学式より卒業式の方が感銘を受けるのです。

     ひとりひとりの名前を呼ばれての卒業証書を受け取る儀式そのものに感激しないものは居ないだろう。これまでの様々な時間をくぐり、まだまだこれからの苦難の道が続くであろうがしかし、それでもそれぞれが多くの経験を経て、勉強もしたことだろうが、泣いたり怒ったり笑ったりしたであろうことを振り返ると、幼き時期のわずかな期間といえども思い出が次から次と湧き出てくることだろう。

     そう思うと人事ながら自分のことのように心の高ぶりを感じずには居れなかった。

     やはり卒業式は、厳粛なものだった (良明)

    category:思い | by:kyobashigaro | - | - | -

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM