平成27年も早や1ケ月を過ぎようと・・
平成27年も早1ケ月を過ぎようとしています。

しばらくこの見聞伝をご無沙汰していましたが、やはり小さな画廊としても何らかの情報発信出来るのではないかと思い、改めてこの場を有効活用?しようと思いましたので、とき折々の思いのままを綴っていくつもりです。
よろしくお願いします。

さて、遅ればせながら今年の年賀状のことですが、次第に賀状を書くのが面倒になってきましたので、今年から元旦の事始めとしての作業としました。
賀状は、いつものように篆刻?を創作しまして一枚一枚刷り上げていきますので手間がかかります。だからと言って他の印刷等では気に入らないため、ついつい従前のとおりの作業をせざるを得ないのです。

ちなみに、今年の賀状は、下記のとおりで、宛名書きは、自筆で通してきましたからなおさら面倒に感じてきたようです。
ついでに、今年の年賀はがきのお年玉では6枚のお年玉切手が当たりました。なかなか確率の高いお年玉でした。今年のお年玉切手も下記のとおりです。

まずは、他愛のないコメントでした。          
 (良明)

あいさつ | -
平成25年1月も過ぎて
 

平成25年1月も早や過ぎ、逃げる二月も早いのだろうか。

新しい年を迎えたのに昨年からの事象を引きずって、
同じようなことが次々と表面化してきています。
スポーツ界の指導者の暴力、パワハラのことだけど、
どうも関わる指導者は、ボキャブラリーの不足というか、
想像力の不足というか、身体で表現することしかできないようだ。

教師も指導者なら、監督も指導者なんだが、
自分自身の立場が逆ならということを想像できないのだろうか。

 どの世界でも指導者であろうが、組織のトップであろうが、イマジネイティブの想像力の乏しい者に資格も資質も無いといわざるを得ないのではないだろうか。

 変わって、政治、経済のことだが、政権が変わり急に
円安から株価の急激な上昇と、庶民の財布にとっては、
いい傾向だけど。これが本当に、本格的な景気の上昇に
つながるのか、まだまだ不安なところだ。
これまで一寸先もわからない手探り状態だったのが、
少しは見えそうな気がしたいところだ。

 それにしても、二月も逃げるように過ぎ去るのだろうか?

 遅ればせながら、今年も京橋画廊を
よろしくお願いします。

                                                                                     (良明)


あいさつ | -
新年あけましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます。

 長い間、京橋画廊のブログである「見聞伝」の掲載を遠慮しておりましたが、やはり京橋画廊の考え方や感じ方を知っていただき、画廊としての情報発信のひとつとして定期的に掲載する責務といいますか、必要性があると思っておりますので、今後は、間の抜けないようにしたいと思っております。

さて、新しい年を迎えて世の中が何か変わったようには感じられないのは、私だけではないでしょう。昨年からの延長のような日々が続いているように感じておられる方々が多いのではないでしょうか。

 昨年は、自然災害の恐ろしさを見せつけられ、自然の偉大さを感じずにはおれませんでした。この自然災害の恐ろしさから人為的な災害に対するうろたえなど、我々人間は、ただただ受け入れざるを得ない立場にありながら、それらに地道に対応対処していく努力の生き物でもあることもつくづく感じさせられました。

 特にエネルギーの問題は、自然の問題であり、文明の問題でもあります。
自然エネルギーの偉大さというか、驚異というか。
改めて思い知らされた一年でした。

 そして、日常的に恩恵を受けてる電気エネルギーは、今や無くてはならないものでありながら、何かを犠牲にしてその恩恵をこうむっていることを知らねばならないと思います。

 東日本大震災と福島原子力発電所事故は、決して忘れてはならない自然エネルギーと文明エネルギーの問題です。

 これらのことは、一口で言い表すことができないほどに様々な問題を提起し、突きつけられています。この見聞伝を通じて発信していきたいと思っております。

 今年も京橋画廊をよろしくお願いします。

(良明)

あいさつ | -
1/1
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea