2017年第91回の国展について

2017.06.18 Sunday 03:52
0

    2017年第91回の国展について

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    (主催・国画会―沿革、先達の紹介を見るにつけ、近代日本美術の先駆者

    として活躍され、多大な影響を及ぼされた有名画家たちの存在がある。

    そう言う意味では伝統のある展覧会でもある。)


    初めてこの展覧会を鑑賞させていただいた。
    これまで知らなかったと言えば、失礼だが、絵画に関わってきた者として、

    いささか恥ずかしく感じた。
    この展覧会の作品たちの発想の多彩さ、自由なタッチ、伝統にこだわらな

    い意思、感覚、感情を感じ取れました。
    手短に感想を問われれば、楽しく時間を過ごせたことだ。
    毎年の日展と比較すると、(比較することは、タブーかも知れないが)
    段違いに、国展の方が俗に言えば面白かった。
    日展は、形にはまってる感じが、ぬぐいきれないでいるようだ。
    日展出品作品にも素晴らしい作品もあるが、なぜか疲れる。


    国展の作品の一部を以下のとおり掲載しました。

    模型の線路、日常のガラクタ、何らかの部品などが埋め込んである。
    写真作品だが、ひとつの構図として成立している
    どの作品を観ていても、エッ、うー、はーんと言った、ため息ばかりでした。
    そして、最後にもう一点の作品を紹介しておきたい。
    この作品は、当京橋画廊にて、5月の25日から30日にかけて個展をされた
    田村あさこ様だ。油絵でもなし、日本画でもないが、様々の画材を活用しての
    田村あさこ氏の世界だ。
     (良明)
    category:展覧会を見て | by:kyobashigaro | - | - | -

    展覧会の作品で感じたことー5月初め

    2017.05.08 Monday 21:44
    0

      展覧会の作品で感じたことプルッシャンブル―の綺麗な作品、
      KOKO展の作品だが、これまでの作品から一皮むけたような
      多彩感のある作品たちに「POST CARD」や「複製コピー画」
      の希望が多かった。原画とは別物だが、その綺麗さが好かれたのだろうか。

      category:展覧会を見て | by:kyobashigaro | - | - | -

      展覧会の作品で感じたことー5月初め

      2017.05.03 Wednesday 07:19
      0

        最近の京橋画廊での展覧会で感じたことです。
        以前、ホテル ニューオオタニ大阪にある「ギャルリー ためなが 大阪」で印象に残っていたアメリカ・ニューヨークの作家で、鮮やかな色彩の画風で印象的でしたのが、トム・クリストファーでした。

        なぜこの作家を思い出したのか。
        見比べてほしいのです。強調されてる色合いに違いはあるが。
        実は、先ほど当画廊で展覧会を開催された「群星 水彩画グループ展」での代表者 徳永清志氏の作品のイメージ・雰囲気に共感、感動したからである。
        何がと言えば、絵に動きを感じたからである。
        どうだろう!水彩画の、この動きは。
        アマチュアグループの作品と言え、素晴らしく、印象的であった。
        実は、上記の作品は、すでに買い取られたものです。
        (買う人が居ることは、取引が成立したことで、プロの作品と言えるだろう)
        なぜ、このようなコメントを発するのか。
        ひとつのアート作品に限らず、今ブランドものと言われる物は、
        いずれも海外で評価されたものが、値打ちのある物として信用したからブランド物になり、日本人が評価したものではないのが残念なのだ。
        もっと我々が我々の眼で評価して、イイ物を掘り起こしていく「眼」を持ちたいものです。                  (良明)
        category:思い | by:kyobashigaro | - | - | -

        「見聞伝」大阪都構想、府知事選・大阪市長選などについて

        2015.11.08 Sunday 11:10
        0
          ブログをしばらくご無沙汰していましたが、やはり考え方などをささやかながらも発信していかねばと思いましたので。

          今年もあと2か月足らずになりましたが、振り返ると個人的には、大阪(市)の都構想にかかる住民投票やもうすぐの大阪府知事選挙、大阪市長選挙など政治に係ることについて一言。
          住民市民の方々がもっともっと政治に関心を持てばいいのにとつくづく思うこの頃である。特に若い人たちが将来のことに関わることなのだから。

          なぜって?世の中を変えることができるのは、政治だから。経済で世の中を変えることもできないことはないが、基本的には世の中の仕組みなどを変えれるのは、政治でしかできないのではないかと。だからである。
          だけど、世の中が良きにしろ、悪しきにしろ変化することに抵抗があると感じている人たちが多いのだろう。特に高齢者の感覚はそうなのだろう。既得権など(大阪市民の高齢者に対する様々な優遇制度)が失われることに対しての危機感などがそうなのだろうか。
          その結果実例が、大阪都構想の住民投票ではなかったかと。
          大阪都構想の内容などおよそ詳しく知るものは少ないだろうが、何はともあれ少しでも何かが変わらないとハツラツとした世の中の新鮮味が感じ取れないのではないかと思うと、YESの感覚が必要ではなかったかと。大阪維新の会の動きは、もっと期待されてもイイのではないかと思うのである。

          差し迫って、もうすぐ告示される大阪府知事選挙、大阪市長選挙には、期待したいところだ。           (良明)

           
          category:思い | by:kyobashigaro | - | - | -

          今年の桜は!?

          2015.04.13 Monday 02:31
          0
            今年の桜は!?

            年齢を重ねるにつれ、あと何回桜を見ることができるのかと毎年思うのだが、今年ほど雨の多い時節は無かったようだが。いつの間にか過ぎ去っていくような感じで、今年の桜の印象は、あっけなくジ・エンドのようだ。

            でも、日本の季節感は、桜に限らずさまざまな植物や食べ物で感じることができる。なんともうれしい限りだし、なんと恵まれた国なんだろうと思う。

            が、なにも浮かれたようなことではなく、本当にこの国の自然環境に感謝したいと思う。とくにお水のおいしさは、世界中でも日本以外には見当たらないのではないかと、常々思う。まさに五臓六腑にしみわたるお水に感謝!
             (良明)
            category:思い | by:kyobashigaro | - | - | -

            まだ、春一番が

            2015.02.23 Monday 00:11
            0
              まだ、春一番が感じられません。
              でも今頃が、梅の香りを香しく思える時期かもしれません。
              京都、北野天満宮の梅も盛りを迎えてることでしょう。
              さまざまな梅の色や形に目移りするかもしれません。
              行ってみたい梅の名所です。
              でも、梅はやはり香りが気になるところ、
              これから春一番に吹かれて
              梅の残り香につられるのもいいかも。                (良明)
              category:思い | by:kyobashigaro | - | - | -

              平成27年も早や1ケ月を過ぎようと・・

              2015.02.01 Sunday 01:49
              0
                平成27年も早1ケ月を過ぎようとしています。

                しばらくこの見聞伝をご無沙汰していましたが、やはり小さな画廊としても何らかの情報発信出来るのではないかと思い、改めてこの場を有効活用?しようと思いましたので、とき折々の思いのままを綴っていくつもりです。
                よろしくお願いします。

                さて、遅ればせながら今年の年賀状のことですが、次第に賀状を書くのが面倒になってきましたので、今年から元旦の事始めとしての作業としました。
                賀状は、いつものように篆刻?を創作しまして一枚一枚刷り上げていきますので手間がかかります。だからと言って他の印刷等では気に入らないため、ついつい従前のとおりの作業をせざるを得ないのです。

                ちなみに、今年の賀状は、下記のとおりで、宛名書きは、自筆で通してきましたからなおさら面倒に感じてきたようです。
                ついでに、今年の年賀はがきのお年玉では6枚のお年玉切手が当たりました。なかなか確率の高いお年玉でした。今年のお年玉切手も下記のとおりです。

                まずは、他愛のないコメントでした。          
                 (良明)
                category:あいさつ | by:kyobashigaro | - | - | -

                平成25年1月も過ぎて

                2013.02.01 Friday 23:08
                0
                   

                  平成25年1月も早や過ぎ、逃げる二月も早いのだろうか。

                  新しい年を迎えたのに昨年からの事象を引きずって、
                  同じようなことが次々と表面化してきています。
                  スポーツ界の指導者の暴力、パワハラのことだけど、
                  どうも関わる指導者は、ボキャブラリーの不足というか、
                  想像力の不足というか、身体で表現することしかできないようだ。

                  教師も指導者なら、監督も指導者なんだが、
                  自分自身の立場が逆ならということを想像できないのだろうか。

                   どの世界でも指導者であろうが、組織のトップであろうが、イマジネイティブの想像力の乏しい者に資格も資質も無いといわざるを得ないのではないだろうか。

                   変わって、政治、経済のことだが、政権が変わり急に
                  円安から株価の急激な上昇と、庶民の財布にとっては、
                  いい傾向だけど。これが本当に、本格的な景気の上昇に
                  つながるのか、まだまだ不安なところだ。
                  これまで一寸先もわからない手探り状態だったのが、
                  少しは見えそうな気がしたいところだ。

                   それにしても、二月も逃げるように過ぎ去るのだろうか?

                   遅ればせながら、今年も京橋画廊を
                  よろしくお願いします。

                                                                                                       (良明)

                  category:あいさつ | by:kyobashigaro | - | - | -

                  七人それぞれの猫さまざまの展覧会

                  2012.07.19 Thursday 12:12
                  0

                     七人それぞれの猫さまざまの展覧会
                    今回がはじめての猫をテーマにした作家の作品展です。
                    これまで京橋画廊に縁があった作家の方々です。
                    猫たちにこれほどの個性が表現されたことは、同じほどの個性の存在感が作家にそなわってることでしょう。
                    この猫は、どのような作家が創り出したものだろうかと想像を掻き立てられることでしょう。
                    猫は、古来からアートや何やからと題材にされてきましたし、またそれだけのキャラクターを持ち合わせてるのも事実かもしれません。特に日常的に身近な存在として、どこかしこに悠々と闊歩してる姿を見受けるものです。動物の中でも身体も大きくは無い存在であるけれども常に堂々とした歩き姿は、自由気ままでどこか憎たらしいほどである。犬には無い雰囲気であろうか。
                    是非ご覧いただきたい猫たちです。

                    (良明)

                    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                    七人の猫展・・2012年7月19日(木)〜7月24日
                    安孫子百合/伊丹和年/山賀ふみ子/山賀清春/谷口佳子/直田裕司/松井寿男
                    場所:京橋画廊

                    category:展覧会予告 | by:kyobashigaro | - | - | -

                    森 浩毅作品展<夢の中に君がいて>を終えて

                    2012.07.09 Monday 14:30
                    0
                       

                      浩毅作品展<夢の中に君がいて>を終えて

                      久しぶりに作家の個性を感じた作品に
                        出会ったように思いました。

                       

                      2002年に京橋画廊で初めての個展を開催した当時は、

                      本当に新鮮で、ユーモラスな表情のキャラクターたちは、

                      観る者を癒し、なぜかホッとさせてくれるものでした。

                      しかし、その後最近の数年の作品たちは、

                      キャンバスの中でじっとしたままの作品ばかりが
                        幅を利かしてるような感じが
                      否めなかったのです。

                      今回、あらためて本来のキャラクターが
                        戻ってきたように思いました。

                      それに今回は、朝日新聞に掲載されたとのこと。

                      これまでも各新聞に掲載された経緯はあるものの、

                      なぜか今回の反響は、目新しく感じました。

                      初めてのお客様が多数ご来廊くださったことが、
                        何よりと思っております。

                       

                      浩毅氏の作品がより多くのファンができ、

                      より多くの方々のお部屋の壁に掲げられ、

                      浩毅ワールドがさらに広まることを願っております。

                       
                         
                      京橋画廊では、
                        森
                      浩毅氏の作品の個展を今後も応援していきますので、
                       
                      ご期待ください。


                       


                      (良明)




                      category:展覧会を見て | by:kyobashigaro | - | - | -